【長期保存可】ロシアで人気「ズッキーニのトマト煮」

夏野菜の代表格といえば、ズッキーニ。

きゅうりにとても似ていますが、実はウリ科カボチャ属の野菜でかぼちゃの仲間なんです。

日本のスーパーではあまり見かけない野菜ですよね。でも、ズッキーニって聞くと、「レミーのおいしいレストラン」で出てきたラタトゥーユを思い浮かべる人も多いと思います。

さて、ズッキーニですが、意外と簡単に育てることができるため、ダーチャでもよく栽培されています。1株からたくさん収穫できるため、収穫時期を迎えるとキッチンの床には調理しきれないズッキーニが無造作に置かれている…なんてこともよく見かける光景です。

運営者自身、毎年野菜の収穫時期になると、連日収穫した野菜を大鍋で調理して、瓶詰にしています。冬に向けての準備ですね。

そこで、本日は運営者自身がよく作る「ズッキーニのトマト煮」のレシピをご紹介したいと思います。ロシアでは前菜にあたる料理です。

それでは、一緒に作り方を見ていきましょう。

材料

※0.5ℓの瓶3個分

・若いズッキーニ 1㎏

・完熟トマト 1㎏

・赤パプリカ 大1個

・とうがらし お好みで

・にんにく 5~6片

・酢(9%) 70ml

・植物油 70ml

・砂糖 100g

・塩 大1

 

・ブレンダー

作り方

1. ズッキーニを写真のように切ります。

 

2. トマトはブレンダーでピューレ状にし、鍋に入れます。

 

 

3. 砂糖、塩、植物油を加え、沸騰するまで強火にかけます。

 

4. トマトソースが沸騰したら、ズッキーニを加えます。ズッキーニが柔らかくなるまで中火にして20~30分ほど煮込みます。柔らかくなりすぎてしまうと煮崩れを起こしてしまうので、気をつけてください。

 

5. 出来上がる10分ぐらい前に、にんにくプレッサーで潰したにんにくを加え、

2~3分ぐらい前にお酢を入れます。

 

6. 煮沸消毒した瓶に入れてしっかり蓋をすれば、完成です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ロシアでは、本日ご紹介したようなズッキーニをトマトソースに漬けるレシピがけっこうあります。そのほか、マリネ漬けやサラダしたり、ジャムを作る家庭なんかも見かけます。

どの家庭もズッキーニを消費するためにいろんなレシピを考えてるんですね。本日のズッキーニのトマトソース煮ですが、おすすめなのでぜひお試しあれ。

 

コメント