ロシア定番サラダ「Винегрет」(ビネグレットサラダ)を作ってみよう!

congerdesign / Pixabay

ロシアで定番のサラダといえば、「винегрет」(ヴィネグレット)、「оливье」(オリヴィエ)「селедка под шубой」(セリョットカ ポッド シューボイ)や「мимоза」(ミモザ)です。

その中でも、おすすめなのが「винегрет」(ヴィネグレット)。

「квашеная капуста」(クヴァーシュナヤ カプースタ)から作る「винегрет」(ヴィネグレット)は、家庭によって味がかなり異なります。

ビーツの鮮やかなルビー色に染まった「винегрет」(ヴィネグレット)。「квашеная капуста」(クヴァーシュナヤ カプースタ)の酸味とビーツとじゃがいもの甘味が程よくマッチし、一度食べるとくせになること間違いなし!

本日は、ロシアの家庭料理「винегрет」(ヴィネグレット)の作り方をご紹介します。

材料

・квашеная капуста(クヴァーシュナヤ カプースタ)400g

・ビーツ 1個

・じゃがいも 中3~4個

・ピクルス 一瓶

・植物油 少々(好み)

・塩 少々(好み)

※квашеная капуста(クヴァーシュナヤ カプースタ)のレシピはこちら

必要な道具

・4面スライサー

下準備

・時間がたった「квашеная капуста」(クヴァーシュナヤ カプースタ)の場合、酸味が強すぎる場合があります。その場合は、事前に水で洗って酸味を取るといいです。もしくは、「квашеная капуста」(クヴァーシュナヤ カプースタ)の分量を減らし、ほかの野菜を多めにいれるなどして、調整してください。

作り方

1. ビーツをよく洗い、皮つきのまま竹串がすっと通るまで45分から1時間ほど茹でます。

皮を剥いてから茹でると、鮮やかな赤色が抜けて白くなってしまうので要注意。

 

2. じゃがいもは別の鍋で茹でます。

 

3. ビーツとじゃがいもが茹で上がったら粗熱をとります。そして、皮をむき、じゃがいもは1cm角に、ビーツは4面スライサーの広千切りで千切りにします。

※ビーツは1cm角に切っても大丈夫です。

↑角切りにしたじゃがいも

 

↑4面スライサーで千切りにしたビーツ

※ビーツの甘味が強いため、我が家では角切りではなく千切りにしています。

 

4. ピクルスは5mm角に切ります。

 

5. すべての材料をボウルに入れて、植物油を加えよく混ぜます。

↑すべてボウルに入れます。

 

↑よく混ぜます。

 

6. 塩で味を調整して完成です。

 

 

「винегрет」(ヴィネグレット)の味は「квашеная капуста」(クヴァーシュナヤ カプースタ)に左右されます。「квашеная капуста」(クヴァーシュナヤ カプースタ)の酸味に合わせて分量を調整してください。

レシピによっては、茹でたにんじんを1cm角に切って加えます。我が家では「квашеная капуста」(クヴァーシュナヤ カプースタ)ににんじんが入っているため、茹でたにんじんは入れません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。発酵したキャベツの酸味とビーツ、じゃがいもの甘味を楽しめるロシア定番の「винегрет」(ヴィネグレット)。「квашеная капуста」(クヴァーシュナヤ カプースタ)を作る手間はありますが、おすすめの一品なので、ぜひ作ってみてください。

それでは皆さん、
また次お会いしましょう!
Пока пока!

コメント