【ロシア料理】あっという間にできちゃう!!ジャガイモスイーツ「カルトーシュカ」

この記事は約3分で読めます。

本日はロシアのスイーツの中でも、私が特に大好きな「ピロージナエ・カルトーシカ」を紹介します。

ロシア語で「じゃがいもケーキ」という意味ですが、ジャガイモは使わずに、粉々にしたビスケットやスポンジ生地、食パンなどをバターや練乳、牛乳で作ったクリームに混ぜて、じゃがいもの形にしたスイーツです。

実は、当ブログですでにスポンジ生地を使ったカルトーシュカのレシピを公開しているんですが、作るのにちょっと時間がかかってしまう…ということで、本日は手軽に作れるカルトーシュカの作り方をご紹介します!

材料

・ビスケット 300g

・無塩バター 100g

・練乳 200g

・純ココア 大さじ5

・コニャック(お好みで) 大さじ1

【仕上げ用】

純ココア 大さじ1

粉砂糖 大さじ1/2

ビスケットは”Юбилейное”というマリーのビスケットに似ているビスケットを使っています。どんなビスケットを買えばいいか迷ったら、とりあえずマリーを使ってみてください。

下準備

・バターは室温に戻しておきます。

作り方

1. 厚手の保存袋にビスケットを入れてめん棒で細かくなるまで叩きます。

私はフードプロセッサーで粉砕してます(笑)

 

2. ボウルに室温に戻したバター、練乳、そしてカカオを入れてよく混ぜます。コニャックもここで入れましょう。

 

 

3. 2に1を加え、ゴムベラでよく混ぜます。これで生地は完成です。

 

 

4. 俵形に丸めます。

手が汚れるのが気になる方は、ラップに包んで成形しましょう♪私は気にしないでの、そのまま手で丸めてます(笑)

 

細かくならなかったビスケットはカカオの色がつかないので、それが気になる方はビスケットを粉々にしましょう!じゃがいもの芽みたいで私は好きですけどね(モノは考えよう・笑)

5. 仕上げに純ココアと粉糖を混ぜたものをまぶして、冷蔵庫で1時間以上冷やせば完成です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

本日はロシアのスイーツ「カルトーシュカ」をご紹介しました。

少ない材料であっという間にできちゃうので、手軽にロシアの味を楽しみたい方におすすめです。

「本場の味を食べてみたい!」という方は、ちょっと時間はかかってしまいますが、こちらのレシピで作ってみてください♪

私は手間がかかるほうのカルトーシュカが好きです♬夫も夫の親戚の舌も唸らせた味で、一口食べたら虜になること間違いなし!是非作ってみてくださいね♪

ロシア料理に興味がある方におすすめの書籍です♪

それでは皆さん、
また次お会いしましょう!
Пока пока!

コメント