【ロシア語】”Ни-“で始まる否定代名詞の使い方

この記事は約8分で読めます。

皆さん、Здравствуйте!

今日のテーマは”Ни-“で始まる否定代名詞(никто, ничто…)の使い方についてです。

それでは、いっしょに見ていきましょう。

スポンサーリンク

【ロシア語】”Ни-“で始まる否定代名詞の使い方

否定代名詞(никто, ничто…)

疑問詞にНи-という接頭辞をつけると、「~も(…ない)」のように否定の強調になります。

否定代名詞はいろいろありますが、まずはниктоとничтоについて見てみましょう。

никто:誰も(…ない)

ничто:何も(…ない)

例えば、

Никто не знает.
(誰も知りません)

英語だったら”Nobody knows,”で、否定代名詞を使ったらそれ以上否定する必要はありません。

Вы ничего ни забыли?
(何も忘れていませんか?)

забылиはзабыть(~を忘れる)ですね。забытьは名詞の対格を要求します。

では、次はどうでしょうか。

しかし、ロシア語ではнеが必ず必要なところが英語と違います。

Никому не  говорите об этом.
(このことは誰にも言わないでください)

Никому…?

さらに注意してほしいことは、否定代名詞は格変化をすることです。

上の例文では、никтоがникомуのように与格になっています。

それでは、次の否定代名詞はどの格でしょうか?

-Ты кого-нибудь знаешь?
(誰か知ってる?)

-Нет, / я никого не знаю.
(ううん、誰も知らない)

Когоってことは、ктоの対格の形だね。

動詞знатьは名詞の対格(кого-что)を要求するので、когоが使われてるんですね。

 

-Ты что-нибудь ел?
(何か食べた?)

-Нет, я ничего не ел.
(ううん、何も食べてないよ)

елはесть(食べる)の過去形だね。естьは名詞の対格対格(кого-что)を要求するので、чтоの対格чегоが使われてるんだね。

– Ты чем-нибудь занимаешься?
(何かしてるの?)

– Нет, я ничем не занимаюсь.
(ううん、何もしてないよ)

Заниматься чем(造格)で「~に従事する」という意味になります。

Никто, ничтоの格変化

кто, чтоの格変化を覚えていますか?ちょっと確認してみましょう。

 КТОЧТО
主格кто́что́
生格кого́чего́
与格кому́чему́
対格кого́что́
造格ке́мчем
前置格комчём

では、кто, чтоにНи-をつけるとどうなるかちょっと下の表を見てみましょう。

主格никто́ничто́
生格никого́ничего́
与格никому́ничему́
対格никого́ничто́
造格нике́мниче́м
前置格ни о ко́мни о чём

あれ?対格と前置格の部分だけちょっと形が違う?

否定代名詞を使うとき、もう1つ気をつけることがあります。それは前置詞といっしょに使うときには、ниの部分とктоやчтоが格変化した部分が分離することです。ここでは、「~について」という意味の前置詞оで例を見てみましょう。

– О чём он думает?
(彼は何について考えてるの?)

– Он ни о чём не думает.
(何も考えてないよ)

否定代名詞が前置詞といっしょに使われているので、ниの部分とчтоが格変化した部分(ここでは前置格のчём)が分離しています。

では、次はどうでしょうか。

– Ты с кем-нибудь разговаривал?
(誰かと話した?)

– Нет, я ни с кем не разговаривал.
(ううん、誰とも話してないよ)

前置詞с(~といっしょ)は、後ろに名詞の造格を要求します。ктоの造格はкемですね。

もう少し例を見てみましょう。

-Ты во что-нибудь играешь?
(何かスポーツをしますか)

– Нет, я ни во что не играю.
(いいえ、スポーツは何もしません)

– Он на кого-нибудь похож?
(彼は誰かに似ていますか)

– Нет, он ни на кого не похож.
(いいえ、誰にも似ていません)

おすすめ記事

【ロシア語入門】不定代名詞「疑問詞+-нибудь」「疑問詞+-то」「кое-+疑問詞」の使い方

いろいろな否定代名詞

では、ここからはいろいろな否定代名詞を例文付きで見ていきましょう。どれも日常でよく使われる表現なので、しっかり覚えましょう。

Никогда:一度も・決して(…ない)

Я никогда не был в России.
(私は一度もロシアへ行ったことがありません)

Я никогда не видел моря.
(私は一度も海をみたことがありません)

Маша никогда не водит машину сама.
(マーシャは決して自分で運転することはありません)

– Твоя подруга когда-нибудь работала?
(君の彼女はこれまでに働いたことがある?)
– Нет, она никогда не работала.
(ううん、一度も働いたことはないよ)
– Правда? Не может быть!
(本当に?あり得ない)

Нигде:どこにも(…ない)

Игорь нигде не работает.
(イーゴリはどこでも働いていません)

– Он где-нибудь был?
(彼はどこかに行った?)

 

–  Ты где-нибудь был в воскресенье?
(日曜日、どこか行った?)
–  Нет, я нигде не был.
(ううん、どこも行かなかったよ)
–  А жаль.
(残念)

Никуда:どこへも(…ない)

– Ты куда-нибудь ходил в выходные?
(週末にどこか行った?)

– Нет, я никуда не ходил.
(ううん、どこにも行かなかったよ)

Никак:どうやっても(…ない)

Никак не могу похудеть.
(私はどうしても体重を減らすことができません)
Я никак не могу понять.
(私はどうしても理解できません)
Никак не могу найти работу.
(私はどうしても仕事を見つけることができません)
Аня никак не могла запомнить, как правильно пишется слово «никак».
(アーニャはどうしてもникакの正しい書き方を覚えることができません)

Никакой:どんな~も(…ない)

– Вы видели какой-будь русский фильм?
(何かロシア映画を見たことがありますか)

– Нет, я никакого русского фильма не видел.
(いいえ、どんなロシア映画も観たことがありません)

練習問題

練習問題1. 否定代名詞を使って質問に答えなさい。

1.— Ты кому-нибудь звонил сегодня?

2. — Вы чем-нибудь занимались днём?

3. — Ты за чем-нибудь ходила в магазин?

4. — Она с кем-нибудь встречается?

5. — Он о чём-нибудь рассказывал вам?

6. — Вы к кому-нибудь ходили в воскресенье?

7. — У вас что-нибудь болит?

練習問題2. 次のロシア語を日本語に訳しなさい。

1. Я никогда не звоню тебе вечером.
2. Он ничего не умеет делать сам.
3. Ему ничего не нравится.
4. Там никогда не бывает жарко.
5. Она ни на чём не умеет играть.
6. Мой брат нигде не был.
7. Сегодня я никого видела.
8. Она никогда не водит машину сама.
9. Она ни о чём мне не рассказала.
10. У него нет ни одной книги.

まとめ

いかがでしたか。本日は述語副詞による無人称文についてご紹介しました。

意味上の主語が与格形なので、与格の作り方も復習しましょう。

↓ロシア語初心者におすすめのロシア語の教科書です。

初心者向けのおすすめ参考書は【ゼロから始める】初心者におすすめのロシア語の参考書をご覧ください。

本日のことわざ

Своя ноша не тянет.

『自分の煮荷物は重くない』

好きでやっていることや自分のためになることは苦にならない、という意味ですね。

ロシア語のことわざを勉強したい方におすすめの一冊です♪

それでは皆さん、
また次お会いしましょう!
Пока пока!

コメント