【ロシア語入門】不定代名詞「疑問詞+-нибудь」「疑問詞+-то」「кое-+疑問詞」の使い方

この記事は約9分で読めます。

ロシア語を勉強していて、不定代名詞「疑問詞+-нибудь」「疑問詞+-то」「кое-+疑問詞」の使い方で困った経験はありませんか?

日本語では翻訳すると同じ表現になることが多いので、ニュアンスをしっかり汲み取らないと思わぬ間違いをすることも。

例文をたくさん用意したので、ニュアンスの違いを考えながら見ていきましょう。

スポンサーリンク

【ロシア語入門】不定代名詞「疑問詞+-нибудь」「疑問詞+-то」「кое-+疑問詞」の使い方

不定代名詞(неопределëнные местоимения)って?

「何か」「誰か」「どこか」「いつか」など不特定のものを示す表現を不定代名詞と呼びます。ロシア語では疑問詞に接頭辞や接尾辞をつけて作ります。疑問詞の部分は必要に応じて格変化します。よく使われるのはкто(誰)、что(何)なので、この2つの格変化を見ておきましょう。

 КТОЧТО
主格кто́что́
生格кого́чего́
与格кому́чему́
対格кого́что́
造格ке́мчем
前置格комчём

「疑問詞+-нибудь」

「疑問詞+-нибудь」は、話者が明確に言えないだけでなく、存在自体が不明確な場合に用いられます。そのため、疑問文や条件文、命令文に使われることが多くなります。なお、「疑問詞+-либо」も同じ意味で使われますが、こちらは文語的です。

Купи мне что -нибудь вкусненькое.
(何かおいしいものを買ってきて)

話者は具体的にどんなものかわかっていないので、「疑問詞+-нибудь」が使われています。

動詞のкупить(買う)は後ろに与格(~に)と対格(~を)を要求します。

Вы поедете куда-нибудь отдыхать в этому году?
(今年、休暇のためにどこかに行きますか)

話者は相手がどこに行くか明確にわかっていないため、疑問詞+-нибудьが使われています。

О чём-нибудь хочешь спросишь?
(何か質問したいことはある?)

О чём-нибудьのчём-нибудьとは、что-нибудьの前置格です。前置詞о(~について)は後ろに前置格を要求するので、о чём-нибудьとなります。

Спросить(質問する、尋ねる)はо чём

Дайте какой-нибудь карандаш.
(えんぴつをください)

直訳すると、「(何でもいいので)何らかのえんぴつをください」という意味です。

話者は何か特定のえんぴつではなく、あるかどうかもわからない存在が不明確なえんぴつについて言及しているため、「疑問詞+-нибудь」が使われています。

Когда-нибудь я хочу выучить русский язык.
(いつかロシア語を習得したいです)

Когда-нибудьは「(いつでもいいから)いつか」という意味があります。つまり、現時点では明確な時期は不明だというニュアンスが含まれています。

Позови кого-нибудь.
(誰か呼んで)

Кого-нибудьは、когоはктоの対格の形です。позвать (呼ぶ)はкого-что、つまり対格を要求する動詞なので、кто-нибудьのктоの部分が対格形のкогоに変わります。

Кто-нибудь хочет пельмени? Я сама всё не съем.
(誰かペリメニ食べない?1人じゃ食べきれなくて)

Если кто-нибудь придëт, скажи, что меня нет дома.
(もし誰かが来たら、私は留守にしてるって言ってください)

Пойдём куда-нибудь сегодня вечером.

(今晩(どこでもいいから)どこかへ出かけようよ)
Расскажите  что -нибудь о своих путешествий по России.
(ロシア旅行の(なんでもよいので)話を何かしてください)

「疑問詞+-то」

「疑問詞+-то」は、存在することは確かだが、話者が明確には言えない(わからない)場合に用いられます。こちらは過去時制、現在時制の平常分で多く使われます。

Сегодня кто-то поздоровался со мной на улице, а я до сих пол не могу вспомнить кто это.
(今日、通りで誰かが挨拶してきたんですが、未だに誰か思い出せません)

誰かが挨拶したのは確かですが、誰なのか明確にはわからないので、「疑問詞+-то」が使われています。

Карина, в кабинете тебя ждёт какая-то женщина.
(カリーナ、オフィスで女性が待ってるよ)

Когда-то в этом институте учился мой отец.
(かつて、私の父はこの大学で勉強しました)

Анна с кем-то разговаривает.
(アンナは誰かと話しています)

разговаривать(会話する)はс кем-чем(~と)と一緒に使われますが、前置詞сは後ろに造格を要求するので、ктоを造格の形кемに直す必要があります。

誰かと話しているのは確かだけど、具体的に誰だかわからないためс кем-тоが使われています。

Игорь живёт где-то в Японии.
(イーゴリは日本のどこかに住んでいます)

Алексей что-то сказал, но я не услышала.
(アレクセイは何か言ったけど、聞いてませんでした)

何か言ったのは確かだけど、具体的に何を言ったかはわからないため「疑問詞+-то」が使われています。

「кое-+疑問詞」

「кое-+疑問詞」は、話者は知っているが具体的に言わず曖昧にする場合、つまり話者が明確に言いたくない場合に使われます。前置詞を伴う場合、коеと疑問詞の間に前置詞が置かれます。

К тебе сегодня кое-кто приходил.
(今日、あなたのところへある人が来たよ)

Я хотел бы кое о чём спросить.
(あることについてお尋ねしたいのですが)

Кое-кто хочет с тобой поговорить.
(ある人があなたとちょっと話したがってます)

– Тебе кое-кто звонил.
(ある人があなたに電話したよ)
– Кто?
(誰?)
– Не скажу, догадайся.
(誰だと思う?当ててみて)

– Я купил тебе кое-что!
(君にあるものを買ったんだ!)
– Что это?
(何?)
– Это сюрприз!
(それはお楽しみ!)

– Как дела?
(元気ですか?)
Кое-как, ни хорошо, ни плохо. Так себе.
(まあまあ、良くもなく悪くもなくってとこかな)

Кое-какは「まあまあ」とか「良くない」、「かろうじて」という意味があります。

Работа сделана кое-как.
(仕事はなんとか終わりました)

重要な不定代名詞一覧表

不定代名詞「疑問詞+-нибудь」「疑問詞+-то」「кое-+疑問詞」を一覧表にしました。すべてを網羅しているわけではありませんが、まずはこのリストに載っているものから覚えてみましょう。

疑問詞 +-нибудь疑問詞 +-токое- + 疑問詞
ктокто-нибудь
(誰でもいい)誰か
кто-то
誰か(ある人)
кое-кто
ある人
чточто-нибудь
(何でもいい)何か
что-то
何か(あるもの)
кое-что
あるもの
какойкакой-нибудь
(どれでもいい)何らかの
какой-то
なんらかの
кое-какой
何らかの
гдегде-нибудь
(どこでもいい)どこかで
где-то
どこかで
кое-где
ある所で
кудакуда-нибудь
(どこでもいい)どこかへ
куда-то
どこかへ
кое-куда
ある所へ
когдакогда-нибудь
(いつでもいい)いつか
когда-то
かつて
кое-когда
時たま

※他にもчей-то, чей-нибудь, почему-то, почему-нибудь などもあります。

練習問題

練習問題1. (  )内にкто-то, что-тоを入れないさい。なお、必要に応じて格変化させること。

1. (          ) приходил к тебе сегодня утром.
2. Он пошёл к (          ) .
3. Я (          )отдал эту книгу.
4. Вчера я видел её с (          ) в кино.
5. Я видел у (          ) твой журнал.
6. Вы хотели спросить меня о (          ) ?
7. Наташа уже час с (          ) разговаривает по телефону.
8. Мой брат целое утро писал (          ) письмо.
9. Ты (          ) сказал?
10. Мама пошла за (          ) на рынок.
11. Если я не знаю куда надо идти, то я спрошу (          ) на улице.
12. (          ) сделал домашнее задание?
13. У (          ) есть резинка?
14. У тебя есть посмотреть (          ) интересное?

練習問題2. (  )内に-тоか -нибудьを入れなさい。

1. Скажи мне что-(          ) хорошее.
2. К тебе кто-(          ) приходил.
3. Кто-(          ) постучал в дверь.
4. Принесите кто-(          ) мел.
5. Тебя искал Саша, наверно, хотел спросить о чем-(          ) .
6. Он попросил, чтобы кто-(          ) помог решить ему задачу.
7. Мне хотелось прочитать что-(          ) об этом городе.
8. Мы услышали как к дому подъехала какая-(          ) машина.
9. За дверью я услышал чей-(          ) знакомый голос.
10. Я попросил друга купить мне что-(          ) в буфете.

まとめ

いかがでしたか。本日は不定代名詞「疑問詞+-нибудь」「疑問詞+-то」の使い方についてご紹介しました。

練習問題を作ったので、やってみてくださいね。

↓ロシア語初心者におすすめのロシア語の教科書です。

本日のことわざ

Чужая сторона прибавит ума.

『知らない土地で知恵が身につく』

故郷から離れて暮らす人を評して使う言葉です。

それでは皆さん、
また次お会いしましょう!
Пока пока!

コメント