【ロシア語入門】これでバッチリ!時刻の表現をマスター!

この記事は約7分で読めます。

本日は、時刻の表現を一緒に勉強します。

時刻の表現がわかるようになると、いろんな場面で役に立ちますよね。

では、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

【ロシア語入門】これでバッチリ!時刻の表現をマスター!

12時制と24時制どっち?

В России 24 часовой времени счёт. Но в разговорной речи чаще используется 12 часовой.

ロシアでは24時制がとられていますが、会話などでは12時制が頻繁に使われています。

~時の言い方

ロシア語で時刻を尋ねるときは、次のように聞きます。

– Сколько сейчас времени?
(今、何時ですか)

– Сейчас 1(один час/ 3(три часа)/ 6(шесть часов).
(今1時/3時/6時です)

あれれ?час(時間)の語形が変わってる…。なんでだろう?

часаとчасовはчас(時間)のそれぞれ単数生格複数生格形です。2~4と結びつく名詞は単数生格、5以上は複数生格になることに注意しましょう。

POINT
◆時 (час)
1時 → час  例:один час
2(3,4)時 → часа 例:два(три, четыре) часа́
5(6, …)時 → часов 例:пять(шесть…) часов

詳しい解説は【ロシア語入門】個数詞の基本をマスターしよう!!をご覧ください。

Сколько は英語のhow manyやhow muchにあたる疑問詞です。これと組み合わさる名詞は、可算名詞(数えられる名詞)は複数生格になり、不可算名詞(数えられない名詞)は単数生格になります。なお、ここではвремяは不可算名詞なので、単数生格(времени)になっています。

Сколько книг вы читали?(本を何冊読みましたか)
※книга(本)は加算名詞

Сколько воды на земле?(地球上にどのくらい水がありますか)
※вода(水)は不可算名詞

часとвремяの格変化を見てみましょう。

 時間・時刻
単数複数
主格вре́мявремена́
生格вре́менивремён
与格вре́менивремена́м
対格вре́мявремена́
造格вре́менемвремена́ми
前置格вре́менивремена́х
 ~時
単数
複数
主格ча́счасы́
生格ча́сачасо́в
与格ча́сучаса́м
対格ча́счасы́
造格ча́сомчаса́ми
前置格ча́сечаса́х

なお、1時の場合は、通常один часとは言わず 、одинが省略されてчасとなることが多いです。

少し例を見てみましょう。

会話例1
– Не подскажете, который сейчас час?
(今何時か教えていただけませんか)
– Сейчас час.
(今、1時ですよ)
– Спасибо!
(ありがとうございます)

 

会話例2
– Вы знаете, сколько сейчас времени?
(今何時か知りませんか)
– Сейчас ровно пять часов.
(今ちょうど5時です)

ровноは「ちょうど」という意味の副詞です。

 

会話例3
– Извините, (пожалуйста),  сколько сейчас времени?
(すみません、今何時ですか)
– Сейчас почти пять часов.
(もうすぐ5時ですよ)

почтиは「ほぼ、大体」という意味の副詞です。

1時から24時までの言い方一覧表

1時から24時までの言い方を一覧表にしました。21時以降は合成数詞なので、末位にある個数詞に合わせて名詞の形が代わります。

1時(оди́н) ча́с13時трина́дцать часо́в
2時два́ часа́14時четы́рнадцать часо́в
3時три́ часа́15時пятна́дцать часо́в
4時четы́ре часа́16時шестна́дцать часо́в
5時пя́ть часо́в17時семна́дцать часо́в
6時ше́сть часо́в18時восемна́дцать часо́в
7時се́мь часо́в19時девятна́дцать часо́в
8時во́семь часо́в20時два́дцать часо́в
9時де́вять часо́в21時два́дцать оди́н ча́с
10時де́сять часо́в22時два́дцать два́ часа́
11時оди́ннадцать часо́в23時два́дцать три́ часа́
12時двена́дцать часо́в24時два́дцать четы́ре часа́

合成数詞は、2つ以上の数詞を組み合わせてつくる数のことだったね。23時なら「20」+「3」だから、двадцать три。末位の数詞はтриだから、後に続く名詞は単数生格形のчасаになるんだね。

~分の言い方

「~時~分」という場合には、минутаを使います。

минутаはで語尾がаで終わるから、女性名詞だね。

こちらも、まずはминутаの格変化から確認しましょう。

 ~分
単数複数
主格мину́тамину́ты
生格мину́тымину́т
与格мину́темину́там
対格мину́тумину́ты
造格мину́тоймину́тами
前置格мину́темину́тах

минутаもとчас同様、2~4と結びつく名詞は単数生格のминуты、5以上は複数生格のминутになることに注意しましょう。

POINT
◆分 (минута)
1分 → минута 例:одна минута
2(3,4)分 → минуты 例:две(три, четыре) минуты
5(6, …)分 → минут 例:пять(шесть, …) минут

3時1分:три часа одна минута

5時4分:пять часов четыре минуты

11時16分:одиннадцать часов шестнадцать минут

朝・昼・晩

一日は次のように区分されています。

朝(утро):午前6時~12時
昼(день):正午~午後6時
晩(вечер):午後6時~午前0時
夜(ночь):午前0時~午前6時

ただし、ロシアは冬と夏とで日照時間がかなり異なることから、この区分は時期によって前後します。また、人によっても考え方が違うため、上の区分が必ずしもあてはまるとは言えません。

なので、あくまでも目安程度にお考えください。

なお、12時制で時間を述べる時、相手に誤解を与えないように次のように言うこともあります。

朝(午前)6時:шесть утра

朝(午前)9時:девять утра

朝(午前)11時одиннадцать утра

正午:двенадцать дня

午後1時:час дня

午後4時:четыре часа дня

夕方(午後)7時:семь часов вечера

夕方(午後)9時:девять часов вечера

深夜1時:час ночи

深夜3時:три часа ночи

朝6時はшесть утра。утраはутроの単数生格形だね。ってことは、日本語に直訳すると「朝の6時」ってことになるんだね。

 

「〇時に(~する)」

副詞的に「〇時に(~する)」と、言うときは前置詞のв+対格を用います。

1時に:в час
2時に:в два часа
5時に:в пять часов

Я встаю в шесть (часов) утра.
(私は6時に起きます)

Алексей завтракает в девять (часов) утра.
(アレクセイは9時に朝食をとります)

Рабочий перерыв начинается в одиннадцать часов.
(会社の昼休みは11時からです)

В восемь часов вечера они ужинают.
(午後8時に、彼らは夕食をとります)

В одиннадцать вечера мы ложимся спать.
(午後11時に、私たちは寝ます)

練習問題

1. 次の時間をロシア語で言ってみましょう。

1)1時05分:
2)6時45分:
3)3時15分:
4)9時14分:
5)2時10分:
6)10時16分:
7)5時40分:
8)2時19分:
9)6時18分:
10)7時30分:

まとめ

いかがでしたか。

本日は、時刻の表現についてご紹介しました。

個数詞の使い方があいまいな方はしっかり復習をしましょう。

 

練習問題の解答はこちらから↓

1. 次の時間をロシア語で言ってみましょう。

1)1時05分:один час пять минут
2)6時45分:шесть часов сорок пять минут
3)3時15分:три часа пятнадцать минут
4)9時14分:девять часов четырнадцать минут
5)2時10分:два часа десять минут
6)10時16分:десять часов шестнадцать минут
7)5時40分:пять часов сорок минут
8)2時19分:два часа девятнадцать минут
9)6時18分:шесть часов восемнадцать минут
10)7時30分:семь часов тридцать минут

↓ロシア語初心者におすすめのロシア語の教科書です。

本日のことわざ

Волка ноги кормят.

『脚が狼を養う』

「狼は自分の脚で歩いて餌を探さなければならない。自分から動かなければ、良いものは得られない」という意味のことわざです。

それでは皆さん、
また次お会いしましょう!
Пока пока!

コメント