【РВП・ВНЖ取得者必見】ロシア在住者が教えます!年に一度の居住確認登録の仕方・必要な書類

この記事は約6分で読めます。

ご存じの方も多いかと思いますが、ロシアでРВП(一時滞在許可3年)、もしくはВНЖを(一時滞在許可5年)取得すると、年の一度居住確認登録(通知)と呼ばれる作業が発生します。

初めて居住確認登録(通知)をする方は、何をすればいいのか戸惑うかもしれません。

そこで、現地在住歴7年目のRIEが自分の経験をもとに居住確認登録(通知)に必要な書類、申請方法をご紹介します。

なお、ロシアは州や担当者によって言うことがまったく違うことがあるので、あくまで参考程度にしてください。

必ず提出先の期間で一度確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

【РВП・ВНЖ取得者必見】ロシア在住者が教えます!年に一度の居住確認登録の仕方・必要な書類

居住確認登録(通知)とは?

居住確認登録(通知)はロシア語で“Уведомление о подтверждении проживания иностранного гражданина”と呼ばれています。

РВП(一時滞在許可3年)、もしくはВНЖを(一時滞在許可5年)取得後、絶対に忘れてはいけない作業…それが、この年に一度の居住確認登録(通知)です。

居住確認登録(通知)とは、簡単に言ってしまうと、年に一度自分の生活環境を報告する作業のことです。

大きく分けて以下の2点がチェックされます。

・ロシア国内での滞在期間

・生活能力があるかどうか

あとあとビザを延長する際にも重要になってくるので、申請は不備のないように慎重に行う必要があります。

では、必要な書類から見ていきましょう。

申請に必要な書類

申請書 1通

申請書の正式名称は、“Форма уведомления о подтверждении проживания иностранного гражданина или лица без гражданства в Российской Федерации”です。

ネットで検索すればすぐに見つかります。

申請書 表面

申請書 裏面

申請書は2ページあり、両面印刷します。
提出する際に点線で切り離され、“отрывная часть бланка уведомления о подтверждении проживания иностранного гражданина или лица без гражданства в Российской Федерации”と書かれているほうが控えになります。

こちらの控えはВЖНの延長する際に提出が求められるので、なくさないように大切に保管しましょう。

私が住むリャザンではパソコン入力が可能なので、1度作ってしまえばあとは毎年必要部分の訂正だけで済みます。

提出先によっては手書きのものを要求される場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。

Youtubeに記入方法のビデオもあるので、初めてで心配という方はチェックしてみてください。

昨年提出した申請所の控えのコピー 1通

先ほど申請書のところで説明しましたが、毎年居住確認登録(通知)をすると、申請書の“отрывная часть бланка уведомления о подтверждении проживания иностранного гражданина или лица без гражданства в Российской Федерации”の部分を控えとして渡されます。

そして、翌年の申請時にこの控えのコピーも送ります。

2019年に申請するなら、2018に申請した分の控えのコピーが必要になります。

何度も書きますが、控えの半券はВНЖの延長申請の際に提出が求められるので、必ず大切に保管しておきましょう。

パスポートのコピー 1通

顔写真が入っているページを見開きでコピーします。

私は念のため、ВНЖを発行してもらった際に押してもらったスタンプのページも見開きでコピーしてます。

提出先によっては全てのページのコピーや翻訳(ナタリウスの公証済みのもの)が必要な場合があるので、申請書の書き方同様、しっかり確認しておくことをおすすめします。

ВНЖのコピー 1通

顔写真が入っているページと住所登録のページを見開きでコピーします。

2 ндфл(налог на доходы физических лиц)、若しくは銀行の残高証明書 原本1通

ロシア国内で働いている方は、職場で2 ндфлという書類を発行してもらいます。

2 ндфлとは、“справка о доходах и суммах налога физического лица”の省略で、簡単に言ってしまうと所得証明書です。

働いていない方は、銀行から残高証明書を発行してもらうんですが、注意することが1点。

自分の口座の残高証明書を提出しなければいけません。

夫(妻)の銀行口座の残高証明書を送っても受理されまぜん。

 

なお、慌てて夫(妻)名義の口座から自分名義の口座に振り込んでも、証明書に反映されるまで数日かかるので十分気を付けてください。

いくらあるってことを証明しなくちゃいけないの?

ご存じの通り、ロシアは州によって収入に差があり、物価も異なります。そのため、州によって必要提示額が変わってきます。

私が住んでいるリャザンの場合は、年間120000ルーブル(約20万円)以上稼いでいるか、同額が銀行口座にあることを証明する必要があります。

つまり、働いている場合は、月10000ルーブル(約20000円)稼いでいれば問題ありません。

なお、リャザンの平均月収は約30000ルーブル(約51000円)です。

正直、月10000ルーブルじゃ生活なんてできないんですけどね…。

申請方法

ВНЖの場合、直接提出機関に提出する方法と郵送する方法があります。

ちなみに、РВПの場合は直接申請する必要があるのでご注意を。

申請に必要な書類を用意し、あとはロシア郵便局から郵送手続きをすれば完了です。

リャザンにある中央郵便局

窓口で封筒を購入し、郵送するものを記入してお金を払うだけ。

郵送する書類を書き出す夫

書類に不備があったら、連絡があるそうですが、我が家はまだそのような連絡が来たことはありません。

電話なのか、それとも手紙で送られてくるのか…そのあたりはよくわかりませんが、私たちは申請書の余白に私と夫の電話番号を書いてます。

まとめ

いかがでしたか?本日は居住確認登録(通知)に必要な書類・申請方法をご紹介しました。

冒頭にも書きましたが、ロシアは州や担当者によって話すことが全く異なる場合があります。そのため、必ず提出先の機関に問い合わせをすることをおすすめします。

ロシア語会話集おすすめはこちら♪

コメント