【ロシア語入門】基本の構文「これは~です」をマスター

本日はロシア語学習のはじめの一歩でもある「これはAです」の平叙文、

否定文、そして疑問文について説明します。

基本の構文で難しいことはありませんが、英語とは少し違うところもあるので、

しっかり勉強して頭に入れましょう!

【ロシア語入門】基本の構文「これは~です」をマスター

これはAです。

基本的に学校英語も”This is a pen.”から始まりますよね。

せっかくなので、英語とロシア語を比較しながら構文を見てみましょう。

日本語これはペンです。
英語Thisisa pen.
ロシア語Это--ручка.

さて、何が違いますか?

be動詞と冠詞がない…?

そうなんです。

実は、ロシア語には冠詞(定冠詞・不定冠詞)の概念がありません。

英語の冠詞で苦労している人にとって、これは朗報です(笑)

be動詞に関してですが、実はロシア語にもбытьというbe動詞と同じ意味をもつ動詞があります。

ただし、現在時制では省略されるんです。

つまり…「これはAです」はэто(これ)と名詞を並べるだけでOKというわけです。

百聞は一見に如かず、もう少し例を見てみましょう。

Это стол.
(これはいすです)

Это университет.
(これは大学です)

Это карандаш.
(これはえんぴつです)

Это матрёшка.
(これはマトリョーシカです)

なお、этоは人に対しても、物に対しても使うことができます。

Это Анна.
(こちらはアンナです)

Это Сергей.
(これはセルゲイです)

Это Мария.
(これはマリヤです)

POINT「これはAです」は「Это+A」で表し、人・ものに対して使うことができる!

「Aはここ/あそこにあります(います)」の場合も、名詞とздесь/тут(ここ)、もしくはтам(あそこ)の2語だけで表すことができます。

例えば、

Телефон здесь.
(電話はここです)

Словарь там.
(辞書はそこです)

Саша тут.
(サーシャはここです)

Студент там.
(学生はあそこです)

「AはBです」という文も「A」と「B」を並べるだけでOK。

ただし、「A」も「B」も名詞の場合、ふつう間に「-」を入れます。

Иван – преподаватель.
(イワンは教師です)

Настя – студентка.
(ナスチャは学生です)

Отец – врач.
(父は医者です)

Мать – домохозяйка.
(母は主婦です)

Я инженер.
(私はエンジニアです)
Она иностранка.
(彼女は外国人です)

これはAでは(じゃ)ありません

否定したい単語の直前にнеを置くと否定文になります。Неにアクセントはないので、次の単語とともに1語のように続けて発音します。

Это не журнал.
(これは雑誌ではありません)

Это не тетрадь.
(これはノートではありません)

Это не Таня.
(こちらはターニャではありません)

Алексей не студент.
(アレクセイは学生じゃありません)

これはAですか?

疑問詞のない疑問文は、平叙文のピリオドを疑問符に替えるだけです。答えるときは、да(はい)またはнет(いいえ)を使います。

-Это учебник?
(これは教科書ですか)
-Да, это учебник.
(はい、これは教科書です)

-Это газета?
(これは新聞ですか)
-нет, это не газета.
(いいえ、これは新聞ではありません)

-Это Соня?
(こちらはソーニャですか)
-Нет, это не Соня. Она Таня.
(いいえ、こちらはソーニャではありません。彼女はターニャです)

-Вы студент?
(あなたは学生ですか)
-Нет, я не студент.
(いいえ、私は学生ではありません)

 

Или(または・あるいは)を使えば、選択疑問文を作ることができます。

-Это тетрадь или учебник?
(これはノートですか、それとも教科書ですか)
-Это учебник.
(これは教科書です)

-Он инженер или преподаватель?
(彼はエンジニアですか、それとも教師ですか)
-Он преподаватель.
(彼は教師です)

これは誰/何ですか?

Кто(誰)、что(何)などの語を疑問詞と言います。Чтоは綴り通りには「チトー」とは発音せず、「シトー」となるので気をつけてください。

-Что это?
(これは何ですか)
-Это цирк.
(これはサーカスです)

-Что это?
(これはなんですか)
-Это больница.
(これは病院です)

-Кто это?
(この人は誰ですか)
-Это Виктор.
(この人はヴィクトルです)

-Кто это?
(これは誰(何)ですか)
-Это кот.
(これはネコです)

なお、動物についてはчтоではなく、ктоが使われることに注意しましょう。

また、ктоを使って職業や身分を聞くこともできます。

-Кто он?
(彼の職業は何ですか)
※直訳:彼は誰ですか。
-Он пианист.
(彼はピアニストです)

-Кто она?
(彼女は何をしている人ですか)
-Она студентка.
(彼女は学生です)

+α(プラス アルファ)

指示代名詞этоは、実は単数でも複数の意味でも使うことができます。

この記事では単数の名詞の例しかあげていませんが、

例えば、

-Кто это?
(この人たちは誰ですか)
-Это Таня и Катя.
(この人たちはターニャとカーチャです)

-Что это?
(これらは何ですか)
-Это магазины.
(これらは店です)

まとめ

いかがでしたか。

「これはAです」はそこまで難しくありません。

しかし、問題はイントネーション。

中学校(最近は小学校から?)から英語を勉強している私たちにとって、

基本にあるのは英語のイントネーションだと思います。

…がしかし、ロシア語のイントネーションは英語とはちょっと違います。

このブログでも少しずつご紹介していこうと思ってるので、是非お楽しみに!

 

もっと勉強したい人は、こちらの参考書がおすすめです♪

初心者向けのおすすめ参考書は【ゼロから始める】初心者におすすめのロシア語の参考書をご覧ください。

本日のことわざ

Бей молотом – не будешь жить голодом.

(ベイ モーラトム 二 ブージェシ ジーチ ゴーラドム)
『ハンマーをふるえば食べ物に困ることはない』

つまり、しっかり働けば、飢えることはないということですね。

それでは皆さん、
また次お会いしましょう!
Пока пока!

コメント