【ロシア料理】ロシア風りんごケーキ「シャルロートカ」

この記事は約3分で読めます。

本日ご紹介するケーキは、シャルロートカ(шарлотка)です。

フランスのシャルロットをルーツにロシアで独自の進化を遂げたりんごのケーキで、りんごの収穫時期によく作られています。

家にある材料で手軽にできて、見栄えもバッチリ!!パーティーでも活躍間違いなし!!

本日は我が家で焼いているシャルロートカのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

【ロシア料理】ロシア風りんごケーキ「シャルロートカ」

「シャルロートカ」の起源

シャルロートカは、フランスの有名シェフ、マリー・アントワーヌ・カレームによって考案されたりんごケーキで、19世紀当時の皇帝アレクサンドル1世の宮廷でふるまわれていました。当時はカスタードクリームや生クリームが入っていたそうですが、時代とともにレシピが簡素化されていきました。

現在、家庭で焼かれれいるシャルロットカは、りんごがたっぷり入ったスポンジのケーキ。材料費がそれほどかからないので、家庭でよく焼かれています。

材料(直径18センチのケーキ型)

・たまご 4個

・塩 ひとつまみ

・りんご 大4個(小12個)

・砂糖 150g

・小麦粉 150g

・バニラ砂糖 10g(なければ、バニラエッセンス可)

・サワークリーム(ヨーグルト) 大さじ山盛り1杯

・シナモン 適量

下準備

・りんごは一口サイズに切っておきます。

※写真のりんごはダーチャで地面に落ちた傷ついたものを使っているため、事前に細かく切っています。

・ケーキ型にクッキングシートをき、バター(分量外)を塗り砂糖を少しふっておきます。

・オーブンは185℃に予熱しておきます。

・小麦粉はふるっておきます。

作り方

1. ボウルにたまごと塩をひとつまみ、バニラ砂糖(バニラエッセンス)入れ、ハンドミキサーで混ぜます。

2. 砂糖を2~3回に分けて少しずつ加えながら、よく混ぜます。

3. 砂糖を加えたあと、生地が白くもったりするまで(メレンゲのような状態になるまで)ハンドミキサーで混ぜます。大体6~7分ほどです。

ふわっとした生地に仕上げるには、ここでしっかり混ぜる必要があります。

4. 3に小麦粉とサワークリーム(ヨーグルト)を加え、スパチュラ(ヘラ)で切るように混ぜます。

今回はヨーグルトを使用しています。

5. ケーキ型にりんごを載せ、シナモンをかけます。

6. 4の生地を5に入れ、さらにりんごを載せ、シナモンをかけます。

7. 185℃に温まったオーブンで40~50分ほど焼いたら完成です。

写真は粉糖をかけていますが、生クリームやバニラアイスを添えて食べるのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。本日はロシア風のりんごケーキ「シャルロートカ」の作り方をご紹介しました。各家庭ごとにレシピが多少違うので、食べ比べてみると面白いかもしれません。

本日ご紹介した生地は少し甘めなので、酸味のあるりんごを使うとちょうどいいかもしれません。

自宅にレモンやオレンジがある方は、生地にすりおろした皮を加えて焼いてみてください。

 

おすすめ記事

ロシア版クレープ「Блины」(ブリヌイ)を作ってみよう!

ロシア人の好きな日本食と苦手な日本食は何?

【保存版】ロシアへ来たら絶対に食べておきたいおすすめ料理

 

ロシア料理に興味がある方にはこちらの本がおすすめです♪

コメント