【ロシア語入門】名詞の格って何?

ロシア語を勉強しようと思ったんだけど、格変化が多くて頭がこんがらがっちゃった…。

格変化が多すぎてよくわかんない!!

ロシア語を勉強して立ちはだかる壁…それは、格変化の多さです。

名詞、代名詞、形容詞…さらには固有名詞までもが格変化するロシア語。

とにかく覚えることが多く、ロシア語を始めたばかりの人には難易度が高めです。

ということで、本日はロシア語入門編、名詞の6つの格変化についてご紹介します。

【ロシア語入門】名詞の格って何?

本日は、ロシア語の醍醐味(?)ともいえる、名詞の格について概要をご紹介します。

6つの格

ロシア語の名詞は「格」(падеж)によって変化します。

っえ?格って何?

そんな方も多いかと思うので、ちょっと説明します。

 

格というのは、文の中で単語がどのような役割(主語、直接目的語、間接目的語など)を果たすのかを示す概念です。

日本語は助詞(「が」「を」「に」など)によって格を示しますが、ロシア語には助詞がありません。

そのため、単語の語尾を変化させて格を示します。

ふ~ん。それじゃ、ロシア語にはいくつ格があるの?

ロシア語の格は全部で6つ。それぞれの主な意味・用法は以下の通りです。

主格(кто-что)Именительный падеж主語
述語
~が、~は
~だ、~である
生格(кого-чего)Родительный падеж所有・所属~の
与格(кому-чему)Дательный падеж間接目的語~に
対格(кого-что)Винительный падеж直接目的度~を
造格(кем-чем)Творительный падеж道具・手段~で
前置格(о ком-чём)Предложный падеж格それ自体に意味はなく、特定の前置詞を伴い、その前置詞によって意味が決まる。

ドイツ語は4つなので、それを考えるとちょっと多いですね。

ロシア語の名詞は上の6つの格に応じて語尾が変化します。

単数と複数も区別するため、1つの単語が12の形を持つことになります。

例えば、книга(本)は次のように変化します。

単数複数
主格кни́гакни́ги
生格кни́гикни́г
与格кни́гекни́гам
対格кни́гукни́ги
造格кни́гойкни́гами
前置格кни́гекни́гах

ちなみに、主格は基本の形なので辞書の見出しではすべてこの形が記載されています。

ちょっと日本語とロシア語を比べてみましょう。

 

私は本を読んでいます。

Я читаю книгу.

я…主語(~は)

книгу…対格(~を)

 

レーナは息子に手紙を書いています。

Лена пишет сыну письмо.

Лена…主語(~は)

сыну…与格(~に)

письмо…対格(~を)

 

ちなみに、主格は基本の形なので辞書の見出しではすべてこの形が記載されています。

ひとつ気になったんだけど、主格は主語と述語の役割があるの?

ちょっと例を見てみましょう。

Сергей студент.
『セルゲイは学生です』

ここでは、”Сергей”が”主語、студент”が述語の役割を果たしています。

英語で考えると”Sergey is a student”ですが、ロシア語には英語のbe動詞に当たる語がありません。

まぁ…正確に言うと、現在形だけなんですが…。これはおいおい話していきます(笑)

また、英語の冠詞(a、the)で苦しんでいる(た)方に朗報!!

なんと、ロシア語には冠詞もないんです。これはありがたいですね。

名詞の格変化

ロシア語の格変化は、名詞の性、数、語末の文字によってパターンが分かれます。

まず、名詞の性ですが、ロシア語は文法的にすべての名詞が男性、女性、中性のどれかに分類されます。

文法的な性の区別はふつう名詞の語末の綴りによって知ることができます。

原則は以下の通り。

【男性名詞】
  語末:子音、-й、および-ьでおわるもの
【女性名詞】
    語末:-а、-я、 および-ьでおわるもの
【中性名詞】
    語末:-о、 -е、および-мяでおわるもの
名詞を性に分けたら、あとは語末の文字で格変化の形が決まります。

一度にすべて覚えるのは難しいので、本日は単数の格変化のみをご紹介します。

男性名詞

男性名詞には、

  • 子音で終わるもの
  • でおわるもの
  • でおわるもの

があります。

なお、名詞には活動体(Одушевлённые имена существительные)

不活動体(неодушевлённые имена существительные)の2種類あります。

活動体…人や動物など、生きているもの

不活動体…机、いすなど、生きていないもの

この区別は格の形に反映します。

男性名詞では

活動体…対格=生格

不活動体…対格=主格

となります。

ややこしいですね。

ちょっと表を見てみましょう。

 子音でおわるもの
活動体不活動対
主格студе́нтАнто́нстол
生格студе́нтаАнто́настола́
与格студе́нтуАнто́нустолу́
対格студе́нтаАнто́настол
造格студе́нтомАнто́номстоло́м
前置格студе́нтеАнто́нестоле́

どうですか?

活動体と不活動体では、対格の形が違うのがわかると思います。

 
活動体不活動体
主格геро́йАлексе́йтрамва́й
生格геро́яАлексе́ятрамва́я
与格геро́юАлексе́ютрамва́ю
対格геро́яАлексе́ятрамва́й
造格геро́емАлексе́емтрамва́ем
前置格геро́еАлексе́етрамва́е

 

 
活動体不活動体
主格преподава́тельавтомоби́ль
生格преподава́теляавтомоби́ля
与格преподава́телюавтомоби́лю
対格преподава́теляавтомоби́ль
造格преподава́телемавтомоби́лем
前置格преподава́телеавтомоби́ле

なお、男性名詞でも-а、-яでおわるものは女性名詞と同じ変化をします(女性名詞の変化は下記参照)。

 -аでおわる男性名詞-яでおわる男性名詞
主格па́памужчи́надя́дя
生格па́пымужчи́ныдя́ди
与格па́пемужчи́недя́де
対格па́пумужчи́нудя́дю
造格па́поймужчи́нойдя́дей
前置格па́пемужчи́недя́де

ちょっとややこしいですね。

中性名詞

中性名詞には、

  • でおわるもの
  • でおわるもの
  • -мяでおわるもの

があります。

まずは、-оと-еでおわる場合の格変化を見ていきましょう。

 
主格письмо́мо́ре
生格письма́мо́ря
与格письму́мо́рю
対格письмо́мо́ре
造格письмо́ммо́рем
前置格письме́мо́ре

-еでおわるものに、-иеがあります。こちらは前置格が違うので気をつけてください。

次は-мяでおわるものを見ていきます。

 -мя
主格вре́мяи́мя
生格вре́мении́мени
与格вре́мении́мени
対格вре́мяи́мя
造格вре́менеми́менем
前置格вре́мении́мени

なお、-мяでおわるものвремя, имя, семя, знамя, племя,темя, пламя, стремя, бремя, вымяの10語です。

10語といいつつ、実際よく使うのはвремяとимяの2つだと思います。

女性名詞

女性名詞には、

  • でおわるもの
  • でおわるもの
  • でおわるもの

があります。

 
主格сестра́ко́мнатаВа́лянеде́ляры́сьтетра́дь
生格сестры́ко́мнатыВа́линеде́лиры́ситетра́ди
与格сестре́ко́мнатеВа́ленеде́леры́ситетра́ди
対格сестру́ко́мнатуВа́люнеде́люры́сьтетра́дь
造格сестро́йко́мнатойВа́лейнеде́лейры́сьютетра́дью
前置格сестре́ко́мнатеВа́ленеде́леры́ситетра́ди

※女性名詞の単数は活動体・不活動体は関係ありません。

複数形になると、女性名詞も活動体と不活動体では対格の形が異なるので注意しましょう。

-ий型男性名詞、-ие型中性名詞、-ия女性名詞

ややこしいのはここですね。

この3つはよく格変化を混同しやすいので、しっかり覚えるようにしましょう。

 -ий型男性名詞-ие型中性名詞-ия女性名詞
主格санато́рийзда́ниеле́кция
生格санато́риязда́нияле́кции
与格санато́риюзда́ниюле́кции
対格санато́рийзда́ниеле́кцию
造格санато́риемзда́ниемле́кцией
前置格санато́риизда́нииле́кции

まとめ

いかがでしたか。

本日ご紹介したのは単数名詞の格変化です。

他にも複数名詞の格変化、形容詞の格変化など、ほかにも活用が盛りだくさんです。

基礎をしっかり頭に入れておかないと後でつまづくので、本日ご紹介した表はしっかり暗記しましょう。

 

もっと勉強したい人は、こちらの参考書がおすすめです♪

初心者向けのおすすめ参考書は【ゼロから始める】初心者におすすめのロシア語の参考書をご覧ください。

本日のことわざ

Что на уме, то на языке.

(シトー ナ ウーメ トー ナ イージケ)
『考えていることは口にでてしまう』

 

それでは皆さん、
また次お会いしましょう!
Пока пока!

 

コメント