「そろそろ…」「もうこんな時間」帰る際に使えるロシア語フレーズ

skeeze / Pixabay

「友達に誘われたのはすっごくうれしいんだけど、そろそろ帰りたい…でも、ロシア語で何て切り出せばいいんだろう?」っていう方は多いはず。

そういう筆者も、ロシア語が全くわからなかったときは、なかなか自分から話を切り出せず…。日が落ちるころになって友達から「そろそろ帰らないと危ないね」な~んて言われたことも。

相手が楽しそうにしてると、余計に言いにくいこともありますが、言わないとなかなか気づいてはもらえません。

今日はそんなときに使える便利なフレーズを用意しました。

是非使ってみて下さいね。

「そろそろ時間なので…」

JESHOOTScom / Pixabay

手元にある腕時計やスマートフォンを見ながら言ってみて下さい。
相手はすぐに「あ、もう帰らなくちゃいけないんだ」と思ってくれます。

・Прости, но мне пора идти.

(プラスチー ノ ムニェ パラー イッチー
「すみませんが、そろそろ時間なので…」
直訳:すみませんが、そろそろ行かなければなりません。

・Думаю, мне уже пора.

ドゥーマユ ムニェ ウジェー パラー
『そろそろ行かなきゃ』
直訳:そろそろ行かなけらばならないと思います。

・Уже поздно, мне пора домой.

(ウジェー ポーズナ ムニェ パラー ダモーイ)
「もう遅いので、そろそろ帰ります」

 帰り際に使える便利なフレーズ

・Было очень приятно с тобой/вами поговорить.

(ブィロー オーチン プリヤートナ ス タボーイ/ヴァーミ パガヴァリーチ)
『お話しできて楽とてもしかったです』

※「с тобой」は親しい人(家族、友達など)に、「с вами」は距離のある人(目上の人など)に使います。

・Надеюсь, мы ещё встретимся.

(ナジェーユシ ムィ イショー フストレーチムシャー)
『またお会いできるのを楽しみにしています』
直訳:またお会いできることを祈ってます。

・С нетерпением жду нашей следующей встречи.

(ス ニチェルペーニエム ジュドゥ ナーシェイ スレードゥユシェイ フストレーチ)
『次会える日をとても楽しみにしています』

・Спасибо, что пригласил/ла/ли меня.

(スパスィーバ シトー プリグラシール/ラ/リ ミニャー)
『招待してくれてありがとう』

自宅に招待してくれたり、どこか連れてって言ってくれたりしたときに使う表現です。

相手が男性の場合は「пригласил」、女性の場合は「пригласила」、二人以上の場合は「пригласили」になります。

・Когда ты будешь/вы будете в Японии, позвони/те, пожалуйста.

(カグダ― ティ ブージェシ/ヴィ ブージェチェ ブ ヤポーニー パズヴァニ-/チェ パジャールスタ)
「日本に来るときは、電話してください」

よろしく伝えてください

・Передай/те всем привет от меня.

(ピリダーイ/チェ フシェーム プリヴェート アット ミニャー
『みなさんによろしく伝えてください』

※「Передай」は親しい相手に、「Передайте」は距離のある相手(目上の方など)に使います。なお、「от меня」(私から)は省略し、「Передай/те всем привет」ということも可能です。

会話例1Норико:Передай всем привет от меня.
(ピリダーイ フシェーム プリヴェート アット ミニャー
紀子:みんなによろしくね。
Аня:Хорошо, передам.
(ハラショー ピリダーム)
アーニャ:うん、わかった。
Норико:Тогда до встречи, пока!
(タグダー ド フストレーチ パカー
紀子:それじゃ、またね!バイバイ!
Аня:Пока пока!
(パカー パカー
アーニャ:バイバイ!

・Передайте привет вашей семье!

(ピリダーイチェ ブリヴェート ヴァーシェイ シミイェ
『ご家族によろしくお伝えください』

別れのあいさつ

・До свидания!

(ダ スヴィダーニヤ)
『さようなら』

一番オーソドックスな表現ですね。ロシア語を知らない方も、「スパスィーバ」と「ダズヴィダーニヤ」をご存知の方は多いはず。

・Давай, до встречи, пока!

(ダヴァーイ ド フストレーチ パカー
『それじゃ、またね』

友達同士でよく使われる言い方です。直訳すると「それじゃ、また会う日まで。またね!」という感じになります。なお、「до встречи」の部分を状況に応じて下記のように言うことも可能です。

★ほかの言い方★

До завтра!(ダ ザーフトラ):また明日

До вечера!(ダ ヴェーチェラ)また晩に

会話例2Елена:Приходи ещё к нам в гость.
(プリハジーチェ イショー ク ナーム ブ ゴースチ)
エレーナ:また遊びにきてね。
Кен:Да, обязательно приду! Спасибо ещё раз за то, что пригласили меня! Было приятно с вами пообщаться.
(ダー アビザーチェリナ プリドゥ スパスィーバ イショー ラス ザ トー シトー プリグラシーリ ミニャー ブィロー プリヤートナ ス ヴァーミ パアプシャーッツァー)
健:もちろんです。今日は招待してくれてありがとう!二人と話しができて楽しかったよ。
Сергей:Нам тоже.
ナーム トージェ)
セルゲイ:こちらこそ。
Кен:Тогда до встречи, пока!
(タグダー ド フストレーチ パカー
健:それじゃ、また今度。
Елена:Пока, пока!
(パカーカー
エレーナ:またね。
Сергей:Пока!
(パカー
セルゲイ:また!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

同じ日本人同士でも、なかなか切り出しにくいと思いますが、ロシア人はしっかり主張しないと気がついてもらえないことが多いので(もちろん、人にもよりますが)、帰りたいときはためらわずにしっかり伝えるようにしましょう。

本日のことわざ

・Дурака учить, что мёртвого лечить.

(ドゥラカー ウチーチ シトー ミョールトヴァヴォ レチーチ)

直訳すると『バカを教えるのは、死人を治すようなもの』です。
つまり、『バカは死ななきゃ治らない』や『阿保につける薬はない』ということですね。

それでは皆さん、
また次お会いしましょう!
Пока пока!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする